16bit!

エンジニアじゃなくなっちゃった人が何かを書くブログ

SHIROBAKOみゃーもりに学ぶ、ドラッカーの言うところの「真摯さ」とは

SHIROBAKO最高ですね

突然ですが、2015年度の私的最高アニメはSHIROBAKOに決定しました。
2015年度どころか、これまで観たアニメの中でも最高かもしれません。

年始からBSフジで再放送始まったり、MXで一挙放送してたりして、たぶん世の中的にも最高アニメの認識なんだと思います。

年末にはSHIROBAKOのアドベントカレンダーとかいうものまであったらしいですよ。
プログラマーとかIT界隈に人気なのもSHIROBAKOの魅力ですね。
僕は気付いたのがクリスマス後だったので、年末休暇にまとめて読みましたが。

そして個人的にはこのslideがとても好きです。

みゃーもりの仕事内容ってあんまり専門的じゃないから、正直優秀さを描くのって難しいと思うんですよ。
絵描きなら「早くて上手い」で優秀だし、プログラマーなら「早くてバグが無い」とか「大手のサイトにハッキングする」とかでわかりやすく優秀なんですが、みゃーもりみたいな、「人に動いてもらう仕事」っていうのは、何をもって優秀とするのかが難しい。
ただそんな中でもSHIROBAKO観たら「みゃーもり優秀すぎる」って思うから、それをちゃんと表現した製作陣はすごいと思うし、それをちゃんと言語化してある上記のslideはとても良いです。

ただ個人的に、みゃーもりの優秀さの根底は「真摯さ」だと思うんですね。
個々の要素としてはポジティブシンキングとか自責化とか色々あると思うんですが、根底は「真摯さ」。

(マネジャーには)根本的な素質が必要である。真摯さである。

上記は数年前に流行ったドラッカーの『マネジメント』からの引用ですが、マネジメントする上で最も重要なものは真摯さであると書かれています。
といってもこの「真摯さ」っていうのが曖昧でよくわからない単語で、個人的には「ちゃんとする」くらいの意味で自分の中では理解していたんですが、SHIROBAKO観ると言語化の部分を超えて、「真摯さ」とは何なのかが、ちょっとわかったような気がするんです。
みゃーもりのやってることってIT業界で言えばPMみたいなもので、そのものずばりマネジメントですし。

というわけで、以下に僕が「みゃーもりの真摯さ」を感じた場面を紹介していきます。

みゃーもりの真摯さ

・2話「あるぴんはいます!」

瀬川さんが熱で倒れて、作監を遠藤さんに頼むところ。
直球でたたみかけるセリフとこのカットだけで真剣さが伝わってくる。
もともと瀬川さんが倒れたのはタローの尻拭いを瀬川さんにお願いしたからなわけだけど、それを他責にせずに、また自分の担当話数のためではなく「作品を良いものにしたい」、「瀬川さんのためにも」みたいな想いが伝わってきます。このカット好き。

・6話「イデポン宮森 発動編」

ドラッカー曰く「真摯さ」は素質だから、後付けするのは難しいものだと思われ。
そういう意味では、「みゃーもりは持ってるよね、飴と鞭。それは誰もが持っているわけじゃないから」という矢野パイセンの言葉と照らし合わせて、この「飴と鞭」っていうのは結構「真摯さ」を構成する要素のひとつなんじゃないかなと思います。
なんか「飴と鞭」っていうと、人をコントロールするためのテクニカルな話のような気もするんですが、ここで言ってるのはそういうのではない。
うまく言語化できないんですが、「飴と鞭」が「真摯さ」に繋がるっていうのは、たぶんSHIROBAKO観ないと考えつかなかっただろうなと思います。

・8話「責めてるんじゃないからね」

お姉さんが東京に遊びにきて、帰っていく直前のひとこま。
家族の繋がり的なものも勿論あるんだろうけど、お姉さんも色々抱えてたってことと、それをちゃんと理解してるみゃーもり。
仕事の話じゃないけど、普段から相手の気持ち考えてるんだなぁっていうのが伝わってきます。
仕事といっても制作進行みたいなのだと、個人の人柄も相当重要だよなぁと思うんですよね。
普段の生活で真摯さに欠ける人は、たぶん仕事の時だけ真摯にはなれないんじゃないかと。
「あの人普段はダメ人間だけど、仕事になると良い仕事する」みたいなプロフェッショナルも中にはいると思うんですが、ことマネジメントという領域に関して言えば、そういう人ってかなり稀な気がします。

・11話「原画売りの少女」

空いてる原画マンさんを探してて、矢野パイセンに「レベルの低い原画マンを入れたら誰に迷惑がかかるのか」と訊かれた際、みゃーもりは「作監さん、演出さん、・・・」と、自分以外の人から先に出てくる。
最終的には自分に跳ね返ってくるのに、迷惑をかけてしまう先の人として、自分以外の人間ばかりが出てくるのもみゃーもりの人柄だよなぁと思います。
それにしても矢野パイセンのチョップ最高だな。

・12話「えくそだす・クリスマス」

1期のラスト。
杉江さんに馬100頭のシーンの原画を頼んだ後のシーン。
杉江さんに頼むことになった経緯自体は菅野さんの助言だったけど、経緯はさておき、プロにプロとしての価値を存分に発揮してもらうことがマネジメントなわけで、これこそがマネジメントの仕事だよなぁと。
そして仕事を振ってもらったことに対して杉江さんから感謝されてて、お互いに感謝し合っている。
「誰でもいいから原画マン欲しい」っていう形で人をとっちゃうと、こうはならない。

・17話「私どこにいるんでしょうか・・・」

みゃーもりが先輩になって、新人制作の失敗に「どんまい」ってするシーン。
言葉で伝えるだけじゃなくて、ちゃんとお弁当買ってあげてるところがほんとすごい。
自分だって全然余裕ないはずなのに、後輩のフォローしながらちゃんと指導もしてて有能すぎます。
初見の時本気で「マジかこいつすごすぎる」と思いました。

・21話「クオリティを人質にすんな」

平岡くんが瀬川さんにぶち切れされて、担当下ろされそうになっているところで説得するみゃーもり。
ここ個人的にものすごく好きなシーンです。
使えない人を切るだけがマネジメントじゃないし、こういうところで平岡を信じて指示できるところがみゃーもりのすごさ。
だからこそ平岡も素直に聞き入れることができたんだろうなぁ。


以上。
真摯さを言語化することはできていないのですが、ホントにSHIROBAKO観たことでドラッカーの言いたいことがちょっとだけわかったような気がしてます。
SHIROBAKOすごいよ。その辺のビジネス書よりも良いよ。

終。

2016年度の日本のスタートアップ・トレンド予想と個人的感想

年末に下記の記事を読みました。

jp.techcrunch.com
jp.techcrunch.com

日本のいろんなVCの中の人とか投資家の人が2016年のスタートアップ界隈のトレンドを予想している記事なんですが、書かれていることをざっと整理しつつ、ついでに個人的な感想を書いておきます(年始は暇なので)。

2016年のトレンド予想に出てきたキーワードリスト

記事の中で上がっていたキーワードをざっとピックアップしてみました。
各人の記事自体が特にフォーマットもなく書かれているので、僕が読んでみてピックアップしたものですが、括弧内がピックアップされていた回数、コロンの後ろがその領域に関して書かれていた、個人的に気になった単語です。

  • FinTech(9):銀行の三大機能の代替・CtoC・バックオフィス
  • MediTech(6):遠隔医療・ヘルスケア
  • モバイル動画(3):タテ動画
  • エンタープライズ(8):Accounting/Finance・HR・BI・CRMクラウド
  • VR(6):ゲーム・ゲーム以外
  • AI(7):経理・人事・労務・アドテク・セキュリティ
  • IoT(7):工場・O2O・3DプリンターSCM・マーケティング・セキュリティ農業
  • SaaS(2):経理・人事・労務
  • CtoC(3)
  • FrontierTech(2):ドローン、宇宙
  • EduTech(1)
  • CarTech(1)
  • HomeTech(1)
  • 不動産(1)

FinTechの中にあるバックオフィスとエンタープライズの中にあるFinanceみたいな重複もあったりして、全然MECEじゃないのはご注意ください。

個人的感想

エンタープライズ領域で働く身でもあるので、個人的にまず気になるのはやっぱりエンタープライズに関する話題です。
なんせ言及数がFinTechとかIoTといった2015年度のバズワードと同じくらいあるし。
SaaSやAIのところにも「経理・人事・労務」とあるように、バックオフィス業務をAI活用のクラウドサービスに置き換えるようなソリューションが近いうちにいくつか出てきそうな予感。
バックオフィスの中でも経理財務系はFinTechとも関わってくるし、ワード的にはエンタープライズは2016年のトレンドなのかもしれません。

あと言及数がどうのというわけではないのですが、IoTのところにある「セキュリティ」が気になってます。
IoTが普及するとトラフィックの数が単純にめちゃくちゃ増えるのもあって、簡単にセキュアな通信を実現する方法っていうのはツールとして色んな企業が欲しがると思うんですよ。
IoTバブルが起こるとしたら、そのバブルの中で一番お金を稼ぐのはIoTによるサービスそのものではなく、「IoTサービスを実現するためのサービス」を提供する会社だと思うんですよね。

ちなみにIoT関連でいうと、コロンの後ろの単語が色々あって、やっぱりIoTは活用が期待される範囲が広いんだなぁと改めて感じます。
工場に関しては現状だとインダストリー4.0とかいうのが流行ってますが、個人的には今議論されているのよりももうちょっと進んだ未来が見えてくると嬉しいなと思うのと、あとは農業領域への活用なんかが面白いなぁと思っているところです。


おわり。

エンジニアからコンサルタントにクラスチェンジしてました

しばらく振りに記事を書きます。
というのも、2015年の夏頃にエンジニアとして働いていたとある企業を退職したため、夏以降はプログラミング的なことに関するキャッチアップが皆無になり、記事書くネタがなかったのです。
ただ、せっかく転職したので、転職に際して考えたこととかを日記がてら記事に残しておくことにします。

転職理由について

「転職するよ」って話を同僚や知り合いにした時に一番聞かれたのはやっぱり退職理由だったので、とりあえず書ける範囲で書いておきます。

<個人的要因>
・比較的大きいプロジェクトがカットオーバーして、個人的にキリが良いタイミングだったので
・もともとプログラミングはMAX5年間くらい学んで、その後は開発もある程度分かった上でそれを活かせる別の仕事をするつもりだったので(学生の頃から情報学んでたわけじゃないのもあって、プログラミングで一流になれるとは思っていなかった)
・前職の社内での職種転換等も考えたが、それよりも会社自体を変えてしまった方が自分にとって良い経験になると思ったので
・技術をキャッチアップし続けるのも正直キツくなってくるだろうなと思っていたので
・学生の延長みたいな自由な仕事の仕方ばかりやってきていて、そろそろまともな社会人にならなきゃいけないのでは?と感じていたので

<社内要因>
・会社自体が戦略も含めて丁度過渡期で、かつ今後のビジョンにあまり共感できなかったので
・社内でキャリアアップするにしてもマネジメント的なことをやるようになっていくしかなかったが、それなら別のところでやる方が良いと考えたので

<外的要因>
アベノミクスの影響で中途採用の市場が活況だったので

転職先について

転職先もIT系で、しかも前職と同じエンタープライズの領域です。
ITエンジニアからITコンサルタントへのクラスチェンジなので、まぁ業界的にはよくある話というか、最も普通な転職の1つではないかと。
SHIROBAKOで言うなら絵麻ちゃんからみゃーもりへのクラスチェンジみたいな感じですね。

そこを選んだ理由としては、そもそもが前職も含め仕事に不満があったというわけではなく、せっかくならこれまでの経験を活かせるところが良いなぁと思ったから。
あと正直前職ではエンジニアとして会社に守られすぎているなぁと感じていたので、矢面に立たされるような職種になって、強化外骨格を身につけたいなぁと思っていたのもあります。
ざっくり言うと、IT業界で行きていく上で、プログラミング以外のことを身につけたいなぁというのがあったのが理由でしょうか。

プログラミングについて

就職するまでプログラミングをほとんどやったことがなかった自分ですが、エンジニアを最初の仕事にできたことは本当に良かったなぁと思います。
初めて自分の書いたコードが思った通りに動いた時は感動しましたし、メンテナンス性を意識してコードを書くことで生産性とは何なのかを学ぶこともできました。
もちろんプログラムがなぜ動くのかということや、ソースコードを読み書きできる能力を身につけたことは今後の仕事でも役に立つと思いますし。

あと、綺麗なクラス設計をできる人は組織設計も上手い気がします。
クラス設計すらうまくできない人間に組織設計なんかできないんじゃないの?と思うくらいですし、そういう「目的にあわせて綺麗に設計する」というのは今後のマネジメントとかでも役に立つんじゃないかなと何となく思ってます。
まぁクラスと人とは違うので、オブジェクト指向で人の役割決めるだけではうまく行かないと思いますが。

なお、おそらく今後の仕事人生においては自分でコーディングをすることはほぼなくなると思われますが、趣味としてはこれからもちょくちょくプログラミングは続けていくつもりですし、そういう意味で一生遊べる趣味を得られたのもすごく大きかったです。
BaaSを代表とするいろんなサービスのおかげで、趣味レベルで作れるプログラミングでできる範囲がどんどん広がっていますし。

今後について

現職も主にBtoBのIT系のお仕事なので、自分でコーディングをしなくなった以外は正直大きな違いはないのですが、少なくとも数年間はここで学ぼうかと思っています。
再度転職するかどうかは今の時点では何とも言えませんが、個人的にITが好きだし、ITは変革のための強力なツールだと思っているので、ITについて自分でプログラミングすること以外の色んなことを学びつつ、ITから離れることなく、色んなことができるようになればいいなと。

当ブログについて

もともとはプログラミングやら何やらのメモを残して共有するために始めたブログなので、正直今後ブログに何を書いていこうかよくわからなくなっています。
読んだ本の感想とかは最近は読書メーターの方に書くようにしていますし、最近興味のある「読んだニュース記事の言語化」に関しては、とりあえずNewsPicksでやっていこうかなと思っていますので、実際書くことはないんですよね。

現状では、とりあえずブログとしては残しておいて、書きたいことが出てきた時にゆるゆると書くことにしようかと思っています。


以上。

【乞食】Amazonがアプリストアのクーポン2,000円分をくれたので購入したアプリを晒す

ちょっと前に一部で話題になってましたが、Amazonのアプリストアがあんまり盛況じゃない*1のを何とかしたいのか、それとも野良アプリで個人情報を吸い上げたいのかそのあたりの理由は知りませんが、AmazonさんがAmazonのアプリストア内でのみ利用できる2,000円分のクーポンを色んな人に配ってくれました。
配布対象やクーポン残高の確認方法などは以下にリンク貼っておきますので、知りたい人はご確認ください。

Amazonが「Amazon Androidアプリストア」で使える2,000円分のクーポンを配布中 | オクトバ

なお、有効期限が10月末ということで、とりあえず今日適当にストアを見ながらジャケ買いみたいな感じで2,000円分アプリを買いましたので、参考になるかどうかわかりませんが載せておきます。

Monument Valley

Monument Valley

Monument Valley

オススメ度:★★★
これは昨年話題になっていたゲームで、「最も美しいモバイルゲーム」とか言われていました。
エッシャーの騙し絵みたいな世界を謎解きしながら進んでいくゲームで、当時も買おうかどうか迷ったのですが、なんか暇がなくて買わなかったんだと思います。で、今回クーポン貰ったので買いました。

実際プレイしてみるとほんとに美しくて、それはもうグラフィックからストーリー、ゲームルール、世界観に至るまで全てが美しかったです。
難易度もちょうど良いくらいで、オススメです。
価格は400円ですが、追加ステージが200円であるので、それも合わせると600円になります。

LYNE

LYNE

LYNE

オススメ度:★☆☆
LINEじゃないよ。パズルゲームです。
同じ図形同士を線で繋ぐ、"Flow Free"の図形版みたいな感じです。
操作も簡単だし、それなりに面白いので、無料とか今回みたいにタダでもらったクーポンで買うとかなら全然アリなんですが、定価だと271円するのでお金出して買うのはちょっとアホらしいかとも思います。DotsやFlow Freeは無料ですしね。

Cosmophony

Cosmophony

Cosmophony

オススメ度:★★☆
簡単に言うと音楽がカッコいいシューティング(というか避けゲー)なのですが、ストーリーもちゃんとあって、グラフィックも綺麗でクオリティ高いです。
ちなみに難易度も結構高いです。
練習モードは死んでも途中から復帰できるのですが、ノーマルモードは死んだら最初からなので、結構大変です。
でも面白いと思います。

アニメスタジオ物語

アニメスタジオ物語

アニメスタジオ物語

オススメ度:★☆☆
懐かしのカイロソフト。他にもゲーム会社やら温泉観光地やら色々なテーマでよく似たシミュレーションゲームを出していますが、アニメスタジオを選んだのはSHIROBAKOが神アニメだからです。
昔PCでゲーム会社のシミュレーションの方をやったことあるのですが、基本的には変わりません。
個人的にはカイロソフトのゲームの面白さは会社を大きくすることではなく、社員の名前などの小ネタを楽しむところにあると思っています。
値段がまぁまぁ高いのでオススメ度は低め。

Backflip Madness

Backflip Madness

Backflip Madness

オススメ度:★★☆
糞アプリかと思ったら意外と中毒性あってハマりそう。
基本的にはおっさんがバク宙して成功すればクリア、できなければ骨折などの重傷を負うだけのゲームなのですが、バク宙の仕方も姿勢を3段階で操作するのか2段階でするのか、伸身なのかくの字なのかみたいな微妙な切り替えができたりして細かいし、何よりおっさんが怪我する時の描写がシュールです。
安いのでオススメ度は高め。

ねんしょう!

筋トレ応援ゲーム ねんしょう!

筋トレ応援ゲーム ねんしょう!

オススメ度:★☆☆
筋トレを習慣付けるための補助アプリ。
美少女が筋トレを手伝ってくれているという体で、筋トレを頑張るとポイントが溜まってエピソードが解放されていく模様。(まだ初日なのでほとんど進んでないです)
ちなみに189円で購入した初期段階でできるのは腹筋のみ。
今後進んでいったら他のもできるのか、それとも他のはアドオンで追加購入なのかは調べてないので知りませんが、まぁとりあえず腹筋だけでもできれば最悪OKです。


以上ここまでが実際に買ったもの。
以下は買おうかどうか迷ったもの等。

MOUNTAIN

MOUNTAIN

MOUNTAIN

山が生まれてから消えるまでの一生をただ眺めるだけのアプリ。
生き物が生まれて育って死んだり、火事になったり隕石が落ちてきたりするらしい。
面白そうだったんですが、PlayStoreの方のレビューにXPeriaだと落ちるみたいなのが散見されたので、XPeriaユーザーの僕としては買えませんでした。

Goat Simulator

Goat Simulator

Goat Simulator

プレイヤーがヤギになって好き勝手に暴れるというゲーム(これはMMOなのか?)です。
商品説明に「もはや、ヤギになる空想をする必要がありません。」と書いてありますが、そんな空想をしたことはありません。
これも面白そうだったんですが、予算の都合で駄目でした。

88星座図鑑

88星座図鑑’

88星座図鑑’

やけに評価が良い星座図鑑。天体好きの人は大抵入れてるイメージがあります。鉄板なんでしょうか?
安いので入れてもいいかなぁと思っていたのですが、意外とぴったり2,000円くらいになったので、滑り込む隙間がありませんでした。

CHAOS RINGS II

CHAOS RINGS II

CHAOS RINGS II

1,400円するので、これとMonument Valley買ったらちょうど2,000円です。
ちなみにAmazonのアプリストアにはファイナルファンタジー系はまぁまぁ*2ありますが、ドラクエ系はありません。
あ、あとクロノトリガーもありません。


以上です。
良かったらAmazonアプリストアで使える2,000円クーポンの使い道の参考にしてみてください。
とりあえずMonument Valleyはオススメです。

おわり。

*1:だってGoogleにPlayStoreあるもん

*2:タクティクスは無かった

【雑記】3乗して下3桁が999になる自然数を求める問題

最近Twitterを見ていたら、「超難問コロシアム」とかいう数学の問題が広告で出てきてやがったので、ちょっと解いてみました。
ただ普通に解くだけじゃ面白くないので、せっかくだから僕が頭を使って自力で解くのと、プログラム書いて解くのとでどちらが早いかを比べてみました。

www.zkai.co.jp

解いた問題はこちら

自然数のうち、3乗すると下3桁が999になるものを1つ挙げよ。

問題の時点で結果が見えている気がしますが、とりあえずやってみます。

自力編

まず下3桁の話なので、1000の位より上はどうでも良い。
ということで自然数n=100a+10b+c とする。

3乗して下1桁が9になるには、(c, n^2の下1桁)の組み合わせは(1,9),(3,3),(9,1)の3通りしかないが、cが1ならn^2の下1桁も必ず1になるので(1,9)はあり得ないし、cが3ならn^2の下1桁は9になるはずなのでこれもダメ。
ということでc=9で、ついでにいうとn^2の下1桁は1ということがわかる。

このc=9を当てはめて、n^2の10の位をかけ算の筆算っぽく求めてみると、9b+8+9b=18b+8 の下1桁が、n^2の10の位ということになる。
これを仮にb2と置くと、(b,b2)の組み合わせは(1,6),(2,4),(3,2),(4,0),(5,8),(6,6),(7,4),(8,2),(9,0),(0,8)の10通りのいずれかになる。

さらにb2を使ってn^3の10の位を筆算っぽく求めてみると、
9b2+b の下1桁が9 ということになり、上記の10通りの中からこの条件を満たすのは(b,b2)=(9,0)の時のみであることがわかる。
したがってb=9。

この辺でなんとなく答えは読めてきたけど、ちゃんと解く。
n=100a+99なので、n^3=(100a+99)^2 *(100a+99)
1000の位より上はどうでも良いので、それらを省きながら計算すると、9801(300a+99)。
これの100の位はと言うと、9801*99の百の位は2なので(これはがんばって計算した)、つまり3a+2の下1桁が9ということになる。
こんなaは9しかない。
したがって答えは999。回答にかかった時間は約15分

プログラム編
public class Main {
	public static void main(String args[]) throws Exception {
		int n = 0;
		while (true) {
			n++;
			
			if ((n * n * n) % 1000 == 999) {
				break;
			}
			if (n > 10000) {
				break;
			}
		}
		System.out.println(n);
	}
}

実行結果は999。コーディングならびにプログラムが回答をコンソールに吐くまでの時間は2分

結果

予想してた通りですが、プログラム書く方が圧倒的に早かったです。


おわり。