16bit!

エンジニアじゃなくなっちゃった人が何かを書くブログ

【読書感想文】数学女子 智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。

数学女子 智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。

数学女子 智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。

先日、とある事情で出先で待ちぼうけを食らったので、
ぶらっと本屋に寄って上記の本を読みました。

そんなわけで、せっかく読んだので感想を書きます。

内容

ビジネスで数字を使うことの大切さと、
その際に意味のある数字を使えるようになるための考え方が書かれている本。
数字を使うといっても難しい公式やわけのわからない図が出てくるわけではなくて、
せいぜい割合とか標準偏差とかそのレベル。
むしろ標準偏差とかについては基礎の基礎から解説してくれているので、
標準偏差って何ぞや?」くらいの人が一番良いかもしれません。

また、構成は

舞台はとあるアパレル企業。感覚派で経験や勘に頼って仕事をしている主人公・木村が、
ある日、突然入社してきたファッションにまったく関心のない数学女子・智香と対立しながらも、
日々の業務を通して、ビジネスにおいて数字を使う大切さと、その使いこなし方を学んでいきます。

という物語形式になっていて、読み物としても楽しめてサクサク読めるようになっています。

感想

一言で言うととてもわかりやすい。

難しい数学を使っていないんだからわかりやすいのは当たり前といえば当たり前かもしれませんが、
ホントに数字を使えない人」に配慮された説明だなと感じました。

例えば相関関係の説明なんかはほとんど数字を使わずにされていたし、
「そもそも相関関係と因果関係の違いって何?」みたいな基礎的なことにもちゃんと触れられていて、
数字を使っているつもりの人も、もしかしたらハッとさせられることがあるかもしれません。

また、数字を使うこと(=分析すること)自体が目的なのではなく、
その分析結果を使って人間が判断することが目的なのだという点にフォーカスされていて、
何のために数字を使うのか、何故数字を使わなくてはいけないのかがちゃんと理解できるようになっています。

「具体的に数字はどうなってるの?」、「数字で説明してくれ」
と言われるから、やらされ仕事で数字を用いるのではなく、
仕事における自分の目的を達成するために、数字を活用し、味方につける。

仕事で数字を使うって、こういうことです。