読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16bit!

エンジニアじゃなくなっちゃった人が何かを書くブログ

【情弱】アドウェア関連の詐欺広告がよくできてる件について

「なんかchrome開いたら『スパイウェアが検出されました』とか出て怖いんだけど・・・」

という話が、先週くらいにありました。
曰く、

「フリーソフトを入れたら、chromeのトップページに
 『スパイウェアが検出されたので、リンク先に飛んで今すぐ直してください』
 的なメッセージが表示されるようになった」

とのこと。

まぁこれ自体はしょうもない話で、いわゆる詐欺広告なんですけど、
情弱を騙そうとするやり方として、なかなかよく考えられてるなぁと関心しました。

<参考>
【スパイウェアが発見されました】詐欺広告がYouTubeやブラウザに出現した場合の削除方法


要するに、

1.フリーソフトをダウンロード&インストール
2.1.の際、気をつけないと一緒にアドウェアもインストールされる
3.インストールされたアドウェアによって、ブラウザ上に「スパイウェアが~」の広告を表示される
4.情弱焦る
5.リンク先に飛んだら、「Windows Support」や「McAfee」などの安心感を誘うロゴ
6.情弱安心してツールを入れちゃう
7.6.のツールは無料だが、そのツール使って検査するととんでもない量のウイルスが検出される
8.「ここまで侵食されていると、有料版使ってウイルス駆除しないと駄目ですわー」と言われる
9.情弱有料版を買っちゃう
10.詐欺業者ウマー

ということ。

実際、フリーソフト入れた直後に上のようなメッセージが表示されるようになって、
しかもそれが会社のPCだったりしたら、パニックになってツール購入しちゃう人もいるんだろうなぁ。


それはさておき、今回のその人は窓の杜でフリーソフトを落とそうとしたらしいのですが、
これがまぁ、思わず騙されても仕方なさそうな感じ。



画面キャプチャーを見てもらえば分かるんですが、
まるで紹介されてるフリーソフトのダウンロードボタンであるかのような位置に広告が表示されています。
しかも、画面の色とも割りとマッチしていて、違和感が少ない。
さらに、古いソフトの紹介ページだと、ページ内にそのソフト自体のダウンロードボタンが無い。
(要するに、ページ内にダウンロードボタンは詐欺広告のものしかない)

これは間違えて広告の方をダウンロードしちゃうやつがいても仕方ないわ。


以上、詐欺業者っていろいろ考えてるんだなぁという話でした。

終わり。